太陽光+蓄電池で光熱費を大きく削減。環境にも家計にも優しい「ゼロエネ」-スマートハウスのご案内

太陽光・蓄電池でゼロエネ生活を始めれば、貯まったお金で海外旅行!?今年はどこへ行く?

「海外旅行に行きたいなぁ…」とは思っても、お家は家計のやり繰りで精一杯。 お家の光熱費をグーンと下げられる手段があればなぁ…と思うお母さんもいるのではないでしょうか。
太陽光発電と蓄電池ならば、光熱費の削減と、月々の太陽光発電システムから貰える売電収入で、 家計の負担の軽減だけではなく、貯まったお金で夢の海外旅行が毎年実現できるかもしれません。

実際に84%のお客様が、光熱費減を実感!

アークで太陽光発電やスマートハウスを導入されたお客様の84%の方から、浮いたお金を有効活用できたとのお声を頂いております。

電力会社の切り替えもスムーズに移行完了! 最先端の機能で、ラクラク電気代節約!

電力の自由化に伴い、北海道電力から電気を買わなくても済むようになります。 しかし実際電力会社を切り替える時にどうやって選んでいいのか、分からないですよね。
そんなときにHEMSを始めとする最先端の設備があれば、楽に電力会社の切り替えが可能になります! 電力会社の切り替えに伴う煩雑な問題を出来るだけなくし、スムーズに電気代の削減を実現できます。快適なエコライフが手に入ります!

※電力の自由化って?…2016年4月に開始されたサービス。 北海道電力・東京電力などの主要10電力以外の「新電力会社」から電気を自由に買う事ができるようになったため、 電力会社選択による月々の電気代削減を期待することができるようになりました。

「スマートハウス」+「電力会社」切り替えで電気代をさらに安く

スマートハウスで得られる、月々のメリットと電力会社切り替えによる、 Wメリットで月々の電気代をさらに安くすることが可能になります。

太陽光・蓄電池セットで年間205,627円の経済メリット!光熱費実質0円が実現可能!

太陽光発電+蓄電池のある生活では太陽光発電の売電収入、そして、太陽光発電の自家消費・蓄電池利用分等をトータル含めで計算すると、 月間の光熱費が12,000円の家庭の場合、196,776円の経済メリットを出すことが可能です。
毎月電力会社から買う電気量を含めても経済メリットが出るように設計されています。屋根にどの程度太陽光のパネルが乗るかによって、この金額はさらに変わってくるのです。

高性能蓄電池で月々3,000~4,000円の経済メリット! 電力会社に頼らない「自給自足」を実現!

家庭用蓄電池は、深夜の割安な電気料金を深夜の間蓄電池へ充電し、電気料金が高くなる日中に貯めておいた電気を放電して電気代を節約します。 実際、電気代が割安な深夜と、電気代が割高な日中ではその金額の差は、2~3倍変わってきます。
つまり、蓄電池があれば無駄なく電気を活用することができるのです。また、FIT(固定価格買取制度)終了後は太陽光発電で創った電気を蓄電池に貯めて、 電気が必要なピークタイムに利用できるので、電力会社に頼らない"自給自足"のエコライフが実現可能になります。

太陽光と蓄電池のW活用で災害等の非常時でも自立運転で稼働。もしもの時も安心・安全です。

太陽光発電+蓄電池は、非常時にも力を発揮します。特に電力会社からの電気供給がストップしてしまった場合でも、太陽光発電と蓄電池が自立運転を 開始するので、電気供給がストップしてもある態度安心です。
蓄電池に貯めておいた電気をどれくらいの時間活用可能かは機種によって異なりますが、 太陽光発電と連携している場合、発電した電気を家庭で利用することも可能ですし、発電した電気が余った場合は蓄電池に充電して夜間に特定の電源に供給することが 可能になり、大切なご家族の安心と安全を確保することができます。

FIT終了後の「卒FIT」の対策にも、太陽光&蓄電池は有効です!

住宅用太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)は10年で終わりを迎えます。
FIT終了後にも売電の継続は可能ですが、その価格は大幅に安くなっています。
電気代も年々増加傾向にあるため、FIT終了後は蓄電池とセットで自家消費にする「卒FIT」が注目を受けています。 売るよりも電気を創って貯めて使う方が光熱費の削減としては有効です。また、停電時にも役に立ちます。
詳しくは弊社蓄電池サイトをご覧になってください。


冬の光熱費削減に最適!
廃熱利用融雪
ロードヒーティングシステム

冬の北海道では何かと大変なのは除雪・融雪です。 アークでは廃熱利用融雪ロードヒーティングシステムのお取り扱いもしています。
ロードヒーティングや雪庇の防止などを低コストで利用することが可能です!

換気廃熱利用融雪システム

CONTENTS